「探偵が早すぎる」の動画

⇒探偵が早すぎるを今すぐ無料視聴

 

 

 

 

「探偵が早すぎる」の動画…もうレンタルでしか見れない…

 

と思っているあなた!

 

わたしは

⇒こちらで探偵が早すぎる の見逃し動画

を見ましたよ♪

しかも全話完全無料で!

 

 

 

ココでは

「探偵が早すぎる」の動画を無料視聴できる方法を教えます。

 

 

「探偵が早すぎる」の動画を無料で見てしまえる方法とは?

 

果たして、「探偵が早すぎる」の動画を無料で見てしまえる方法とは何でしょうか?

 

ご説明していきますね♪

 

あの動画配信サービスの2週間無料トライアルキャンペーンに登録する!!

その方法は…

 

あの動画配信サービス huluに登録することなんです。

 

怒り6

ちょっと待ってーな! これ無料動画なの?

ウソついてるでしょ?

実はお金かかるんでしょ?これ

 

大丈夫です!

 

現在、huluでは、2週間無料トライアルキャンペーンを実施中です。

 

登録から2週間は、完全無料で、いろいろな動画をお楽しみいただけます。

 

当然ですが、無料期間中に解約すれば、1円もかかりません!

 

わかりました?

 

無料期間中に、「探偵が早すぎる」の動画を無料で見ましょう!

 

という事なんです。

 

 

 

現在、大出血サービス中の2週間無料トライアルキャンペーンですが…

予告なく終了する可能性があります。

⇒探偵が早すぎる の見逃し動画

 

そんなことしなくても無料で見れる所あったよ…

疑問6

そのとおりだよ。

簡単に見つけられたよ。

映画の動画なんて適当に検索していれば…

 

確かに見れますが…

この方法はおすすめいたしません!

 

まず、画質が悪く、中には映像と音声が合っていないものなんかもあったりします。

 

ひどいものだと、ウィルスが混ざっていたりするものもあり、

個人情報が全部抜き取られたりとか…

最悪だと、パソコンやスマホがクラッシュして動かなくなる原因にもなります。

 

近年は、法律も改正され、違法動画に関しては、見ている側も罪に問われる可能性が

あるそうです。

 

最終的には自己責任ですが、よくご考慮いただきたく思います。

 

 

「探偵が早すぎる」のあらすじ、キャスト

 

ドラマ「探偵が早すぎる」は、2018年7月19日から 9月20日まで、読売テレビの制作により日本テレビ系「木曜ドラマF」にて放送されました。

 

「探偵が早すぎる」のあらすじ

第1話

とあるホテルの一室。

手足を縛られた男性は、謎の男から口にワインを注がれている。

1本、2本、3本……。「ワインを3本ね……。女性にこんな手口で悪さしようとするなんてねぇ。ひどいなぁ」と、謎の男はワインを注ぎ続ける。

「俺はまだ何も…」と言いながら、気を失う男性。

「神のものは神に、カエサルのものはカエサルに」と言い残し、謎の男はその場を去った――。

小さな家の一室では、十川一華が、橋田政子にテーブルマナーをビシバシと指導されていた。

橋田は質素な部屋には似つかわしくない、執事風の服を着ている。

シャケにナイフを入れ、皮を削ぎ落とし、身を口へ運ぶ一華。

「違います。まず、フォークで身を押さえ、皮と身の境目の所にフィッシュナイフをあて、先の尖った部分でそっと皮と身の間に差し込むように皮をはずし――」「その通りにしたじゃない」「簡単にたたみ、皿の向こう端に置くのです」皮を手前に置いている一華。「これくらいいいじゃない」「そういう気持ちが良くないんです。いくら丁寧にやっても、ひとつ間違えば、全てが台無しになるということが世の中にはあるんです」「シャケくらい普通に食べたい」「これもあなたの為です」「ずっとそれ。昔からずーっとずーっと、それ。いつ使うのよ。こんな貧乏な暮らしをしている私の人生の中で、テーブルマナーが役に立つことなんて永遠にない!」

一華は幼い頃に母親を亡くし、それ以来、橋田が母親代わりとなっている。

厳しすぎる橋田への愚痴を、大学の友人である未夏と律音にした後で、一華は優しかった母のこと、養護施設で手を差し伸べてくれた橋田のことを思い出しながら、とぼとぼと歩いていた。

と、そのとき、一華は何者かに背中を押された。道路に飛び出す一華。そこに車がやってきて――。

病院で目を覚ました一華。首にはコルセットが巻かれ、右腕、右足を負傷していた。

「打ち所が悪ければ、死んでいてもおかしくなかったそうです。

運が良かったですね」と、橋田。「車に撥ねられて、運がいいわけないじゃない」「命あることが大事ですから。

ところでなんで飛び出したんですか?」「飛び出すわけないでしょ!誰かがぶつかってきたの」「……ぶつかって来た?」「そうよ」それを聞き、不穏な表情をする橋田。

その頃、一華の命を狙った大陀羅朱鳥の娘、麻百合は作戦の失敗を朱鳥に咎められていた。

が、すでに息子の壬流古が、とある男を雇い、次の策に乗り出していた。

犯人は、一華の行動を観察し、完全犯罪計画を目論んでいた。とある場所に“毒物”を仕込む作戦は完璧に思われたのだが――

すると、犯人の前に千曲川光が現れる。

千曲川はほんの些細な違和感を察知し、犯罪を未然に防いでいたのだ。

呆気にとられる犯人。

「神のものは神に、カエサルのものはカエサルに。トリック返し!」“目には目を、トリックにはトリックを”千曲川は、犯人に対し、モットーであるトリック返しを食らわせ、返り討ちに――!

一方、一華は、橋田に今まで見たこともないような高級服を着せられていた。

「これから戦いが始まります」と言う橋田。

何のことかさっぱりわからないまま、一華は高級ホテルへ連れて行かれた。

そこに待ち構えていたのは朱鳥を始めとする大陀羅一族であった。

そこで橋田は、先日、亡くなった大陀羅家次男・瑛の遺産は、一華が全て相続することになっていると宣言した。

その額、なんと5兆円。実は、瑛は一華の父親であった。

父親は死んだと聞かされていた一華は、訳がわからず、ただ驚くばかり。

さらに、一華が車にひかれそうになったのは遺産を狙う大陀羅一族の仕業であり、今後、一華を命の危険から守るために探偵を雇ったと橋田は言う。

そこに現れたのが、千曲川であった。

そして、ここから莫大な遺産を奪おうと一華の命を狙う刺客が次から次へと現れることに。

千曲川・一華・橋田VS大陀羅一族の戦いが、ついに幕を開ける――!!

第2話

一華は、千曲川との最悪な出会いから、探偵を雇う契約を拒否していた。

報酬が欲しい千曲川は、一華が友人たちとお茶をしている大学のカフェにまで現れ、契約書にサインしろと迫ってくる。

一華は、母親を大事にしなかった父親の遺産を受け取るつもりはないし、千曲川を雇う必要もないと突っぱねた。

「5兆円の遺産を受け取るチャンスを棒に振るのか?」と千曲川。「側に来ないで」と逃げる一華。が、千曲川はなおも追ってくる。「来ないでって言ってるでしょ!」
千曲川は、携帯でも執拗に「相続を放棄してはダメだ」とメッセージを送ってきた。ブロックしても、ブロックしても、すぐに別のIDで連絡が来る。

「どれだけIDを持ってるのよ!それにどうして、この短時間で別のIDにログインしてるの!」「何事も早いんです」と橋田。

「もはや、あの一族よりこの人の方が怖い……」

一方、大陀羅一族は、次なる暗殺計画を着々と進めていた。

今回狙うは、“ショック死”。朱鳥の娘・麻百合が考えた足のつかない完璧な計画だった。

事故のケガの診断で病院へ来ていた一華は、来週にはギプスが外せると医師から診断された。

フィンスイミングの大会を2ヶ月後に控えている一華は、早くプールに入りたいと思っていたが、リハビリをしてプールに入れるのは1ヶ月後だと言われる。

担当医の三田村は、一華のギプスをしていない箇所にまで広がる赤みと肌荒れが気になっていた。塗り薬を処方された一華。

自宅では、橋田が相続放棄の書類を用意してくれていたが、一華は『5兆円』の文字に、ペンを持つ手が震える。

「サインするイコール、この生活が続くってことよね」「そういうことになります」躊躇いながらも思い切ってサインする一華。

一華は「相続放棄の書類にサインした」と千曲川に話すと、千曲川はそれ以来、付きまとわなくなっていた。「プールで泳いでいい」と三田村から許可が出た一華は、未夏とフィンスイミングの競争をする。が、25メートルをターンしたところでブラックアウトする一華。動きが止まる…一華の異変に気づいた橋田はプールに飛び込み、一華を救助しようとするが――。

犯人の前に現れる千曲川。「たいしたもんだよ。だが君は大きなミスを犯した。詰めが甘すぎる。神のものは神に、カエサルのものはカエサルに」と、トリック返しで犯人に鉄槌を下したのだった。

そして、一華は千曲川が行きつけにしているバーへと向かい、千曲川に思いを告げる。

にやりと笑う千曲川。

「汚れた世界へようこそ」二人は乾杯した。

第3話

一華はゼミの研究発表前のため、図書館で勉強をしていた。が、千曲川も同行し、不可思議な行動をとりまくる。

一華は勉強に集中できず、研究個室に籠ることに。

しかし、研究個室のドアをノックする音が……。「何よ!」と憤慨して振り返るも、視線の先にいたのは、城之内だった。

「他が空いてなくてさ。ちょっと端のスペース使わしてもらったらダメ?」「あ……別に良いですけど……」城之内と並んで勉強することになった一華。今度は城之内が気になって集中できない。すると、突然『バーン!』という大きな爆発音が……!!

爆発事故は、図書館の上の階で起こっていた。

自分が狙われたのでは……?と、不安に思う一華。

自宅で橋田に相談するも、千曲川がいるから心配はいらないと橋田は言う。「彼があなたから離れるのは、犯人があなたを殺そうとした時だけです」しかし、一華は、守ってくれているとわかっていても距離が近く、周りの目が気になるから、千曲川に少しだけでも離れるように伝えてほしいと、橋田に頼み込む。さらに、一華は正座をしてかしこまり、明日、買い物に行くための5000円を貸してほしいと申し出る。が、一華は結局、300円しかもらえずで……。

その頃、朱鳥と亜謄蛇の間では、新たなルールが結ばれていた。それは、現在一族の間で最初に一華を殺した人間が5兆円を総取りするという協定を結んでいるが、“誰かが暗殺を仕掛けている間は邪魔をしないこと”というルールだった。
一方、一華は、未夏や律音たちとおそろいの三つ子コーデをしようと洋服の試着をしていた。が、所持金300円の一華は、橋田に5000円貸してほしいと再び懇願する。が、橋田は「金の切れ目は縁の切れ目です。人にお金を借りてまで、自分の欲を満たす人間は友さえ失います」と、首を縦に振ってくれない。「もういい!」と一華は、今度は千曲川に「報酬を倍にする」と持ちかけ、覚書を交わすことで5000円を借り、洋服を買うことができた。

翌日、研究課題がまだ半分しか進んでいない一華は、未夏と律音と、図書館に向かった。復旧工事の音がうるさそうだと思った図書館内は意外と静かであったが、図書館内を何度もうろちょろする千曲川の存在が、迷惑極まりなかった……。
今回の犯人の計画は、“ガス”を使った暗殺。死亡原因が特定されにくい、完璧な殺害計画だった――。

一華が図書館に向かおうとしていた道中、周囲を見渡すも千曲川はどこにもいない。“彼があなたから離れるのは、犯人があなたを殺そうとした時だけです。”という橋田の言葉を思い出す一華。一華は焦った様子で周りを警戒するも、結局何も起こらなかったのだが…ニヤリとほくそ笑む犯人の姿が――。
しかし、暗殺計画を未然に防いでいた千曲川は、犯人に例のごとくトリック返しを食らわせ、鉄槌を下していたのだった。

 

第4話

怪我も回復し、アルバイトに復帰した一華。「君は5兆円もの遺産を受け取れる。働く必要性が見当たらない」と、千曲川は話しながらついてくる。「まだ受け取ってないし、受け取ったとしても生活を変える気はありませんから」「変人だな」「あなたに言われたくないけど?」「私のどこが変人だというんだ?」「すべて。5兆円もらえたら、あなたは探偵をやめる?」「事件を未然に防ぐ。それこそが私の生きがいである」「つまりやめないってことでしょ。一緒じゃない」「……なるほどな」

一華のアルバイト先である遊園地に到着した2人。まるでお化け屋敷のような、寂れた遊園地である。「おはようございます」と、一華は元気よく挨拶して事務所に入るも、復帰早々、園長から閉園することにしたと聞かされ、ショックを受ける一華。ここは、一華が母親とよく訪れていた思い出の遊園地でもあるのだ。メリーゴーランドを眺めると、母親と一緒に乗った記憶が蘇る。が、目の前には奇抜な姿勢で白馬に乗り、回ってくる千曲川の姿が……。「ちょっと!人の思い出を壊さないでよ!」
一方、大陀羅家では、貴人が朱鳥の元を訪れ、「僕も参戦するよ」と告げていた。貴人は大陀羅一族の中でも随一の天才。なぜ貴人が参戦を表明してきたのか、朱鳥は測りかねていた――。

一華は自宅で、遺産が入ったら遊園地に投資したいと橋田に話す。が、「そこの経営者になるくらいの覚悟がおありですか?情けで人を助けると、助けた相手も苦しむことが世の中にはあります」と、橋田にぴしゃりと言われてしまう。
どうしたら閉園を防げるかと考えを巡らせながら、遊園地へ向かう一華。すると、事務所には“蔵本”と名乗る貴人の姿があった。この遊園地のファンだと話す彼は、力になりたいと、閉園を阻止するためにクラウドファンディングでの資金集めを提案した。「そんな簡単に……」と一華は半信半疑であったが、資金はあっという間に集まった。だが、それは貴人が仕掛けた作戦で……。

休園日。一華は遊園地再建のため、ペンキ塗りに精を出していた。未夏と律音が気を利かせたようで、城之内も手伝いに来てくれた。二人はこの前の仲直りをし、さらに、一華は城之内から夏祭りに誘われる。「二人で!?」「いや、みんなででもいい」「あ……じゃ、みんなで」「わかった」照れ笑いを浮かべる一華。

深夜の園内。貴人はひとり暗殺準備を整えていた。ニヤリと笑う貴人。

一華殺害の決行日。貴人は、罠を仕掛けた場所に一華がやって来る、その瞬間を待ち構えていた。――が、しかし。「君のやることはすべてお見通しだよ」貴人の背後から千曲川が現れる。「お見通し?何を……グ……」千曲川からトリック返しを受ける貴人。苦しみ悶える。「なぜ、私が犯人だと」「簡単だよ。君はミスを犯した」千曲川は、貴人の言動の些細な違和感を察知し、殺害計画まで見抜いていたのだ。

トリック返しに悶絶し続ける貴人。と、その時…!!思いもよらぬ出来事が……その後、貴人のもとへと歩み寄る一華…すると、さらなる衝撃の展開に……!!
はたして、暗殺計画を千曲川は無事未然に防げたのか――!?

第5話

大陀羅朱鳥の息子・壬流古が、トンネルで出会ったのは養護施設を抜け出してきた兄弟・透と乃亜だった。不敵に微笑み、「ゲームやらない?」と子どもたちに声をかける壬流古。

一方、未夏と律音から、夏祭りに一緒に行けなくなったと言われる一華。「城之内くんと二人きりなんてムリ!何話せばいいのよ!?」と、動揺が隠せない。そんな一華に対し、千曲川は「そんなに二人きりが嫌なら、私が……」としゃしゃり出てくる。「お断り!絶対にお断り! 付いて来ないでよ!」「なんだ、やっぱり二人きりで嬉しいんだな」「違います!あなたが嫌なの」と、一華は千曲川を突き放す。が、千曲川から、夏祭りは命を狙うには絶好の機会だと聞かされ、5メートル以内には近寄らないという約束で手を打つことに。

夏祭り当日。一華は、初めは緊張していたものの、城之内と二人で楽しく出店を見て回る。千曲川も一華と一定の距離を保ちながら、ヨーヨー釣りに射的に、イカ焼きに、夏祭りを満喫していた。一方、出店には橋田の姿もあり、完璧なまでのたこ焼きを作り上げていた。橋田は、一華と一緒にいる城之内に声を掛け、「ご出身は? お父様は何のお仕事を?お母様は?ご兄弟は?」などと質問攻めにする。そんな橋田に一華は「ちょっと!止めてよ!」と、困惑で……。

その頃、壬流古は子どもたちにゲームの説明をしていた。「この玩具のナイフでお姉ちゃんの胸を突き刺して、びっくりさせてくれたらクリアだ」と言って、透にナイフを手渡す壬流古。

一華と城之内が歩いていると、足を痛めた幼い乃亜の姿を見つける。駆け寄り、手当てをしてあげる一華。城之内は、乃亜に綿菓子を買ってあげた。少女と別れると、ベンチに座って、綿菓子を食べることにした一華と城之内。「ついてるよ……鼻の頭に」と、城之内は一華の鼻についた綿菓子を当然のように取って食べた。「どどど、ど、どうも……」このとき一華のドキドキは最高潮!が、二人の背後からヌッと現れる千曲川。「さっきのあれは、どうかと思うね。子供に施しを与えるのはよくない。まぁ、女性の前でかっこつけたい男心は分からないでもないが……」と小言を言ってくる。「ちょっと、いい加減にしてよ!なんなのよ一体!近い!離れて!」と一華は憤り、千曲川を追い払った。

一方、壬流古と麻百合は、一華と刺客である子どもたちを監視していた。

その頃、バイト先からの電話で、急遽呼び出されてしまった城之内。「ごめん、一人になっちゃうけど……」「ううん、十分楽しかったし。私もそろそろ帰ろうかな」と、一華。「そっか……俺も楽しかったよ……またね」「うん、またね!」一華は、少し寂しげに城之内を見送った。一人きりになった一華。
壬流古は、子どもたちに指示を出す。子どもたちは、一華が一人になったこの瞬間を狙って、心臓を一刺し……!!

そんな様子を見ていた壬流古のもとへやってきたのは…またしても探偵の千曲川だった。
だが、壬流古は第2ステージも用意周到に準備していた。それは、子どもたちも犠牲にした恐ろしい計画だった――。
はたして、千曲川は一華と子どもたちの命を救うことができるのか――!?

第6話

空腹すぎて倒れた千曲川は、3日振りの食事にありついていた。「私を守るべき人間が、空腹で倒れるなんてどうなの?」と一華。「言っておくが、君を守り始めて、私は一銭ももらっていない。言っている意味がわかるか?働けども働けども、お金をもらえない。もはやこれは働け詐欺だ」と不満をもらす。橋田は、遺産が入るまで、3日に1回は食事を提供すると申し出る。不満いっぱいの千曲川。
食事後、千曲川、一華、橋田の3人が歩いていると、高級レストランに女性と入っていく城之内の姿があった。ショックを受ける一華。しかし、千曲川と橋田は悪そうに微笑み、好奇心いっぱいに、店にずかずかと入っていく。

一方、息子の壬流古が重傷を負い、怒り狂っている朱鳥は、探偵を先に始末するよう、娘の麻百合に命じていた。麻百合は、千曲川が人通りのない道を歩いている隙を狙って拉致しようする――その後、一華を仕留めるよう、指示を出す朱鳥。
その頃、亜謄蛇も自ら決めた“誰かが殺害を計画しているときは動かない”というルールを無視。プロの刺客を雇い、一華に襲い掛かる……!!

一華は、千曲川が急にいなくなったことで不安を募らせていた。橋田も連絡が取れないという。一華は、友人の結婚式に出席するために京都に行くことになっていたのだが、千曲川と連絡が取れるまでは外出は控えるようにと橋田は言った。するとそのとき、ポストに封書が投函される音が。橋田が中身を確認すると、そこには、椅子に繋がれ血まみれになった千曲川の姿が――。

翌日、橋田は城之内を呼び出し、千曲川が見つかるまでの間、一華を守ってほしいと頼み込んだ。都内にいては危険も多いから、一緒にバスに乗って京都に行ってほしいと、城之内にチケットを2枚渡した。

この会話を聞いていたのは、一族が雇った刺客の女。バスで“事故死”に見せかける暗殺計画を企てる。一華がバスに乗ったのを確認すると、犯行に及ぶ刺客――。
初めて、朱鳥と亜謄蛇が同時に命を狙ってくることになったのだが、はたして一華の運命は…そして、千曲川は無事生きて帰ってくることができるのか――!?

第7話

屋上から転落した城之内は、一命は取り留めたものの、意識不明となった。一華は千曲川への怒りが収まらず、「契約は白紙に戻してもらう。今後一切、私に関わらないで!」と千曲川を突き放した。が、千曲川は橋田に雇われたのだと主張し、一華に付いて回る。

一華は、橋田に千曲川を解雇してほしいと訴えるも、「大陀羅一族は金にものを言わせ、どんな汚い手を使ってでもあなたを殺そうとしている……今、千曲川さんを解雇にすることなどできるはずがありません」と橋田は言う。「でも、城之内くんが私を狙っていると分かった時点で、どうしてあの探偵は私に教えなかったの?話してくれていれば、城之内くんはあんな目に遭わずに済んだのに」と一華。「自分なら、彼の過ちを正すことが出来たと?彼を救うことが出来たと言うのですか?千曲川さんは、あなたを守る為に最善の方法を選んだのです」「違う!彼はトリック返しを楽しんでるだけよ!」と口論になる2人。橋田は一華に、千曲川がなぜ事件を未然に防ぐ“早すぎる探偵”になったのか、彼の過去を話して聞かせた。が、「……あの人の過去なんて、私には関係ない」と一華は頑なで。

一方その頃、大陀羅一族の舞輝斗は、“密室殺人”を企み、着々と暗殺計画を進めており――。

城之内が入院する病院にお見舞いに行った一華。そこには、城之内に寄り添う妹・早苗の姿があった。そして、一華は早苗と一緒に食事をすることに。早苗は、兄の事故と大陀羅グループが何か関係しているのではないかと疑っていた。大陀羅グループについて知りたがる早苗に対し、返答に窮する一華で……。すると、そこに突然現れる千曲川。迷惑がる一華だが、二人のやりとりに「仲がいいんですね」と早苗。一華は「一方的に付きまとわれてるだけ」と話す。「失礼な、私は彼女を守っている」と、千曲川は反論。すると早苗は「羨ましいです。千曲川さんのような頼りがいのある素敵な人に守ってもらえるなんて」と、なぜか千曲川のことを好意的に思っている様子。

食事のあと、早苗と別れた一華と千曲川。「実に賢い娘だ。……君も少しは見習うべきだ」と千曲川は一華に言う。うんざり顔の一華。するとその時、後方から早苗の悲鳴が……!すぐに駆けつける2人。いったい早苗の身に、何が――
「なんで未然に防げなかったのよ?」と、一華は千曲川を責めた。「彼女を守るのは私の範疇ではないからだ」と千曲川。一華は、当分の間、早苗を側に置くから2人セットで守ってと千曲川に命令した。

その後、早苗と一緒に帰宅した一華。が、そこで犯人は一華を狙っていた…。

そんな中、城之内の身に異変が……さらに、あることをきっかけに一華は橋田への不信感を募らせていくことに――

第8話

一華は、先日見た橋田の腕の引っかき傷が気になっていた。橋田は敵なのか……味方なのか……。一華はこっそりと橋田と母・純華に接点がなかったか探り始める。が、純華を担当していた看護師に会うことをなぜか千曲川は知っていて……。「私はなんでもお見通しなんだよ。君はここ最近その病院のことを幾度となく検索していた」「なんで知ってんのよ!」「ちなみに君は、京都に城之内と行くと決まった日、デートに最適な京都のファンタジーに包まれたレストランを検索し、更にそこから徒歩5分圏内のエレガントなバーまで検索していた。そして、ラグジュアリーな高級ホテルを――」「最低!!」一華は未夏に頼み込み、服を交換し、荷物も財布も預け、千曲川が盗聴できないようにした。

純華の担当看護師にカフェで話を聞く一華。純華の死には不審な点が多いという。橋田の写真を見せると、「あ、この人……よくお母さんに面会に来てました」と話す看護師……。さらに、母親が生きているかもしれない、という新証言を聞き、驚きを隠せない一華。先日、チラッと純華の姿を見たような気がしていた一華は、橋田への疑いが濃厚になっていく……。橋田は大陀羅一族の手下なのか……。

一華はその疑惑を千曲川に打ち明けた。「君の考えが正しいとすれば、彼女に雇われた私もグルかもしれないぞ」と千曲川。「……あなたは違う」「なぜ言い切れる?」「私が死の淵に追いやられることを楽しんで、その相手にトリック返しをしたいだけの変態だから」「正解。だが、それだけで信じるのか?」「信じてるんじゃなくて、あなたがしたいのはトリック返しだけだとわかってるから」と一華。
橋田のいる家に帰りたくない一華は、「未夏の家に泊まる」と橋田に連絡を入れた。「気づかれたかしら…」と訝しむ橋田。

翌日、大学の構内で、ひとりの子供が一華に紙を渡してきた。そこには電話番号と『純華』の名前が……!一華はその番号に電話を掛けた。すると、30メートルほど離れた場所に純華の姿が。泣きそうになる一華。純華の元へ歩み寄ろうとするも、純華は千曲川に気づかれてしまうと制し、今夜11時に二人きりで会おうと約束をした。一華は千曲川をバーでベロベロに酔わせ、寝たことを確認すると、純華との待ち合わせ場所へ向かった。13年振りの母との再会――。一華と純華は、長い空白の時間を埋めるかのようにしっかりと抱き締め合った。「……あなたを殺そうとしたのは、本当に橋田さんなの?」と純華に問いかける一華。「そう。あの人は大陀羅一族の人間だったの。病院で一華の存在に気がついたあの人は、遺産を全てもらうために一華を利用したのよ」と純華。――すると、そこへ……!!

第9話

大陀羅一族と戦う決意を固めた一華は、橋田とともに一族の元へと乗り込んでいった。そして一華は「私の父である大陀羅瑛の葬式に私は参列することができませんでした。ですので、百箇日に当たる9日後に法要を行いたいと思っています。大陀羅一族の皆様には、ぜひ参加して頂きたく存じます」と告げる。百箇日にかかる費用は、遺産を受け取ったのちに返すからと、一華は朱鳥に場所と費用の手配を依頼する。一族は怒りの声を上げるも、朱鳥は承諾する条件として、「1日とは言わず、2日間かけて盛大に執り行いましょう」と提案した。

朱鳥は、百箇日の会場として一族が代々受け継ぐ別荘を選んだ。すると亜謄蛇(神保悟志)は「奴らは何を企んでやがる?わざわざ、自分たちを不利な状況に追い込むなんてな」と朱鳥に問う。「遺産を受け取っても命を狙われる。私たちを絶つしかない。そう思ったんでしょうね。いよいよ、最終決戦の時が来たわね」と朱鳥は不敵に笑った。

そして迎えた最終決戦当日――。「パンと練乳をもってこい」と一華に言う千曲川。「なんで?」「これからの戦いに必要だからだ!練乳をパンにかけろ。早くかけろ!」と急かす。「もしかして、相手が襲ってきて刺した時に、ナイフについた練乳が何かの効果を発揮するの?」と一華。……が、千曲川はパンをゆっくりと食べ始める。「戦いには腹ごしらえが必要だろ」と、千曲川はゆっくりゆっくり2時間かけてパンを食べきるという……。あきれ果てる一華。

大陀羅一族の所有する別荘に辿り着いた一華、千曲川、橋田の3人。「私はここで」と一緒に入ることを辞する千曲川。「ここでは皆が暗殺者だ。木を見て森を見ずでは、防ぎきれん」「なるほど」と一華。「……君には感謝しないといけない。この殺人の館に身を投じてくれたことをな!君のおかげで私の欲望は満たされる!ハハハハハ!」と千曲川は下品に笑いながら去っていった。「私の危機を楽しんでる……」と唖然とする一華。「大丈夫です。彼は必ずあなたを守ってくれますから」と、橋田は一華の背中を押し、別荘の中へと足を踏み入れた。

中の広間には、瑛の祭壇が飾られ、ずらりと勢ぞろいした大陀羅一族の面々。僧侶の読経により、百箇日の法要が開始された。そんな中、まず壬流古が一華を仕留めにかかる……!さらには、朱鳥の娘・麻百合も……!!

次々と一華に襲いかかる一族たち!――しかし、そんな中、事故死に見せかけることなく、己のプライドのために一華をただ殺そうと仕掛けてくる者が――

探偵不在の中、逃げ惑うしかない一華…絶体絶命のそのとき……!!

「え……やだ……やだよーー!!!」一華の叫び声が闇に響いた――。

第10話(最終回)

ナイフで刺され、命の危険に冒された橋田。激怒した一華は、朱鳥のもとへ乗り込んでいった。「あなたのバカ息子が刺したのよ」と、血が付いた橋田のブラウスを朱鳥に投げつける。「これだけ血が出てたら、危険な状態ね」と朱鳥。一華は、壬流古が持っていたナイフを机に突き刺した。「……今、ここで殺してみなさいよ」鬼気迫る一華に対し、「コーヒーはいかが?美味しいわよ」と朱鳥は余裕の微笑み。一華は「あなたたちに私は殺せない。大切な人をもうこれ以上失いたくない。やるならとことんやりなさいよ。それは必ずあなたに戻ってくる」と吐き捨て、立ち去った。
さらに一華は、命を狙われたときに助けに来なかった千曲川のことを責めるが、相手にされない。そして、千曲川と橋田の知られざる過去の真相を聞き、驚きを隠せない一華。

その後、一華は、「話がある」と亜謄蛇に呼び出された。亜謄蛇は「私は降参する。これ以上の争いは無意味だ。私は十川一華が亡くなろうとも、大陀羅瑛が残した遺産の全てを放棄する」と、押印された書類を一華に差し出した。朱鳥が一華の命を狙おうとした証拠まで見せ、「これは取引だ。私が欲しいのは会長の座。この話に乗ってくれるなら、これを君に渡そう」と亜謄蛇。――だが、……!

さらに、朱鳥が3人の刺客を立て続けに送り込んでくることに――

その後、一華と千曲川のもとに現れた朱鳥。千曲川と朱鳥は、初めて対面を果たした。「本当にお見事だわ。探偵さん。私の下で働いてみない?」「お金を出してくれるなら、今すぐにでも」と千曲川。朱鳥は財布から現金で100万円の束を出す。千曲川は吸い寄せられるように歩み寄ろうとするが、「はしたない」と止められてしまう。「言ったでしょ。必ずあなたに戻ってくるって」と朱鳥に言う一華。「……実を言うとね、もう打つ手がないの。もう事故に見せかけてあなたの命を狙うことを諦めるわ」朱鳥は一華の前に行き、土下座する。「どうか、私たちを許してほしい。お願い。遺産の一部でいい。大陀羅グループに投資してほしいの」そんな朱鳥に対する一華の返答は――

「皆、あとは任せたわよ」と出ていこうとする朱鳥。が――「やっぱり腑に落ちねぇな。大陀羅朱鳥さんよ」と朱鳥を引き止める千曲川。「あら、そう?」と先程の殊勝な態度から一転、ニヤリと笑う朱鳥。「探偵さん。あなたは大きなミスを犯した。さあ、クイズです。あなたの犯したミスはなんでしょう?」動揺する千曲川。「早く探しなさい。死へのカウントダウンは始まっている」と朱鳥。「……何が起きるの?」と不安げな一華。朱鳥の計画は、千曲川より一枚上手だった――。「これぞトリック返しのトリック返し」勝利の笑みを浮かべる朱鳥。

そのとき…!予期せぬ人物の登場により、戦場はさらなる怒涛の展開を迎える……

千曲川に為す術はないのか――!?このまま一華は殺されてしまうのか――!?

“早すぎる探偵”、ついに万事休すか――

 

 

 

「探偵が早すぎる」のキャスト

千曲川光 – 滝藤賢一

十川一華 – 広瀬アリス

橋田政子 – 水野美紀

 

その他のキャスト

大陀羅朱鳥 – 片平なぎさ
大陀羅麻百合 – 結城モエ
大陀羅壬流古 – 桐山漣
大陀羅亜謄蛇 – 神保悟志
大陀羅瑛 ‐ 玉置孝匡
城之内翼 – 佐藤寛太
山崎未夏 – 南乃彩希
阿部律音 – 水島麻理奈
十川純華 – 新山千春
バーテンダー – 高橋努

 

ゲスト

第1話

若竹友成 ‐ マギー
若竹知菜 ‐ 浅見姫香

第2話

三田村博 ‐ 池田鉄洋
加藤康子 ‐ 山田真歩

第3話

西岡京一 ‐ 相島一之

第4話

大陀羅貴人 ‐ 前田公輝

第5話

透 ‐ 五十嵐陽向
乃亜 ‐ 竹野谷咲

第6話

城之内早苗 ‐ 優希美青

第7話

大陀羅舞輝斗 – 駒木根隆介

 

「探偵が早すぎる」を見た感想や口コミ

 

まとめ

「探偵が早すぎる」の動画を無料で見てしまえる方法とは

 

huluの2週間無料トライアルキャンペーン参加することです。

 

2週間の期間中は

 

「探偵が早すぎる」の動画を無料で見てしまえる!!

 

というわけです。

 

※実施中のU-NEXTの31日無料トライアルキャンペーンですが、予告なく終了する可能性があります。
探偵が早すぎる の見逃し動画<<